・Y・U・K・A・I・B・L・O・G・

社内ハッカソン合宿に行ってきました!(2018年版)

こちらは、2018年のメイカソン合宿のお話です。ユカイ工学では、毎年社員全員でメイカソンに行き開発をしております!Qooboも実はメイカソンから生み出されたものなんです!

是非その雰囲気をこの記事で感じてみてください・U・

4月12日~13日にかけてハッカソン合宿に行ってきました!今回の舞台は南房総半島の館山!のどかで海の幸がとても美味しい素敵な場所です。

↑宿泊したジャングルパレス

今回、合宿の企画を担当してくれたのは、今年入社した新卒エンジニアの和田君、石本君です。前日まで車の手配、しおりの作成、宿泊先への最終確認など、忙しい中準備してくれました!本当にありがとう!特に、浜のいそっぴは神だった!

↑ホタテ美味しかった。

さて、今回の合宿のテーマは「ココロを動かすモノを作る」です。条件は二つ。

誰の課題を解決するかが明確である。

その人たちの熱量が高ければ高い程よい。

今回は、社員全体をA~Dの4チームに分け、約1ヶ月かけて準備を進めて行きました。

各チームには、デザイナ・ハードウェアエンジニア・ソフトウェアエンジニアがバランス良く別れ、また普段のプロジェクトで一緒になることが少ない社員が一緒になるように考えられています。

普段のお仕事ももちろんしっかりやりながら・・・・・

いざ発表の場!アイデアだけでなく、エンジニアが実際にプロダクトを作り、実演するところまで行います。当日はロボットやハードウェア開発に熟練したゲストもきてくれました。

↑発表する和田君

↑Sebastian(セバちゃん)がプレゼンするフランス語を解説する私(為本)

優勝したチームはCチーム!

発案した石本君の家族への愛があふれていました!

非常に完成度の高いプロダクトで、チームとしての熱量も高かったです。

2017年に発表したプロダクト「Qoobo」など、ハッカソンのアイデアから実際にプロダクトになることもあり、今後が楽しみです。

他にも「社長(My Boss!!)」,「夏の生き物」,「一人暮らしの人」への愛があふれたプロダクトなどがしのぎを削りました。どれも素晴らしかった。

最後に青木代表からこれまでの会社が創業する前から、現在までの道のりを紹介していただきました。

夜もかなり更けていましたが、「色んなことをみんなで乗り越えてきた」ことを振り返り、これからも頑張ろうという気持ちになりました。

2019年の合宿はこちらから!