・Y・U・K・A・I・B・L・O・G・

Qooboの軌跡:添い寝クッションが今のコンセプトに至るまで

この記事をご覧の皆さんはQooboをご存知でしょうか?

このロボットは、元々ユカイ工学で年に1回開催しているメイカソンの中で生まれた製品なのです。

なでると尻尾をふりふり。顔も脚もない尻尾つきクッション『Qoobo』がこんなにかわいいなんて!【ロボットペットと暮らす】(livedoor NEWS 2018/3/23)

2017年4月に行った社内ハッカソンでコンセプト実証を行いました。こちらが初期のスケッチです。当時は鳴き声が出る機能も搭載する予定でした。

メイカソンでの発表当初は、「一人寝の寂しい単身者」や「ペットと寝たいけど飼えないひと」の為に添い寝できるクッションというコンセプトがあり、しっぽの生えたクッションの原型をすでに作られていました。

このときは、暖かくて呼吸する抱きまくらとセットのしっぽつきクッションでした。

デザイナーの「ペットと一緒に寝たら気持ちいいのに!」という妄想を、メカやソフトウェアのエンジニアが具現化し、プロトタイプはすでに出来上がっていました。

それから、社内外の様々な方の協力をえながら、コンセプトが次第に洗練され、自社製品としての開発が進んでいきました。

2017年10月初旬にCEATECでQooboをお披露目することに。

癒やしを求めるすべての人に。クッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」を発表 CEATEC JAPAN 2017に出展(PRTIMES 2017/10/2)

すると、沢山の反響が生まれ、CEATECのSpecial Award Gadget Nation Awardを受賞。

その後、10月下旬から、Kickstarterでもクラウドファンディングを開始し、1週間あまりで目標額を達成しました!

今でも展示会にQooboを出展すると、必ず誰かが注目したり、なでてくれます。

「ペットを飼いたくても飼えない人の為のしっぽクッション」というQooboのコンセプトは、世の中に広く受け入れられるものなのだと実感しています・U・