・Y・U・K・A・I・B・L・O・G・

101キーワードから見えるもの

ユカイ工学では選考時に101個のキーワードを書いて提出するというテーマが出されます。

私自身も以前アルバイトの選考を受けた際に101個のキーワードをイラストでまとめたことがあります。

キーワードは、どんなものでも良く、まとめ方もなんでも良いようです。(↑今見ると紙に1枚でまとめる形式に限らなかったようです)

これまで色々な方のキーワードを見てきましたが、まとめ方から、キーワードの内容まで皆さん様々でした。最近は、マインドマップをGUIで作るツールが流行っており、それでまとめる方も多いですが、個性溢れる101キーワードがあると良いかなと思います。

そもそもこの101キーワード。Googleで検索してみると、pixivさんがやっていたようです。ピクシブ代表取締役社長・片桐孝憲「個人最強時代だからこそ、チームで生み出して、個人で作れないようなすごいものを作る」…https://gendai.ismedia.jp/articles/-/38306?page=5

「マネジメントは”人を知る”こと」 ピクシブ新旧代表が語る、コミュニケーション重視の企業文化pixiv10周年を記念して開催された「pixiv MEETUP -10th …https://logmi.jp/business/articles/242215

記事を読んでみると、中には、トランプ一枚一枚にキーワードを書いて、その場で紹介していた方もいるようです。上には上がいますね。。

101キーワードをまとめた際の意見として「まとめるのが大変だった」という声をいただくこともありますが、まとめた方の個性が見られるので、飲み会に行くよりもたくさんのネタをその場で知ることが出来るのです。

面接に限らず、是非ご自身の振り返りのためにも活用してみてくださいね。

因みに、私の自己紹介の101キーワードはこんな感じで準備しました。

オモテ面で完結しなかったので、ウラも使いました。

ちなみに、最近入社したある方の101キーワードを改めて振り返ってみたところ、ある方は「石原さとみの果汁グミの動画鑑賞」、ある方は「未知のフルーツハンター」というワードがありました。そのうち深掘りして聞いてみたいと思います。